2万円以下で購入できるコスパに優れたSIMフリースマホ

実用性がありコスパに優れたSIMフリースマホを探しているという方は多いでしょう。そこで今回は2万円以下で購入できるオススメのSIMフリースマホを紹介します。まずは今年発売したばかりの『ZenFone 3 Max』(19,800円)。一番のポイントは、何と言っても4100mAhの大容量バッテリーを搭載しているということ。なんとモバイルバッテリーとしても使えるから、他の端末を充電できちゃうんですよ。2GBのRAMと16GBのストレージを搭載しているなどスペックも◎です。2016年12月に発売された『gooのスマホ g07』も、低価格でもスペックを妥協したくないという方にオススメの機種ですよ。こちらも価格は19,800円。5.5インチ フルHD液晶ディスプレイに3GBのRAMと32GBのストレージ、さらにはDSDSにも対応しているという。Android 7.0へのアップデート保証も嬉しいポイントでしょう。この他にも18,000円台で購入できる優しい印象のデザインを持つ『HTC Desire 626』も、スローモーションやHDR撮影に対応していて女性にオススメですよ。2GBのRAMと16GBのストレージ、microSDカードスロットも備わっています。SIMフリースマホと一言で言っても様々な機種があるもの。自分に合ったものを探してみて下さいね。

“Windows 10向け「OneNote」アプリに手書きの数式をグラフ化する機能が追加 “

米Microsoft Corporationは、Windows 10向け「OneNote」アプリの最新版v17.7967.57501.0を公開しました。現在、「ストア」アプリから無償でアップデート可能です。今回のアップデートでは使い勝手を高める改善や便利な新機能がいくつか導入されています。まず、リボンや右クリックメニュー、ページリストなどのサイズが、フィードバックをもとに改善し、ノートの編集画面がより大きく取られるようになったのです。また、ページとセクションをドラッグ&ドロップして自由に整理する機能や、削除されたページやセクションを復元する機能が追加されました。削除されたアイテムへアクセスするには、ノートブックリストの右クリックメニューにある[削除済みノートの表示]コマンドを実行すればよく、最近60日間に削除されたページやノートが表示され、右クリックまたは長押しで元の状態へ復元できるようになりました。さらに、新機能としてペンで描画した数式をグラフにする機能が追加されたのです。この機能を利用するには、ペンでページに数式を手書きして、選択ツールでそれを選んで、リボンの[描画]タブにある[数式の変換と解決]ボタンをクリックすればよいです。手書きされたインクが数式へ変換されるとともに、その式を表す2Dグラフが描画され、ページへ挿入できるようになります。 そのほかにも新しいキーボードショートカットが追加されたほか、他のユーザーとページを共有する前にアクセシビリティをチェックする機能が搭載された。また、フルカラーの絵文字も新たにサポートされています。

頭を振って曲をスキップ。Xperia Earが通知読み上げなど強化

ソニーモバイルは、耳に装着し、音声でコミュニケーションできるAndroidスマートフォン向けスマートプロダクト「Xperia Ear」を24日にアップデートし、通知読み上げ機能や頭を振って曲スキップが行なえる機能などを追加しました。Xperia Earは、左右どちらかの耳に常時装着し、スマートフォンの通話やSNS、メール/SMS、カレンダー、音楽、地図などを音声で確認/操作できるBluetoothイヤフォン型スマートプロダクトです。スマホが取り出しづらいときなどに、声でメール返信や予定のチェックなどが行なえます。2016年11月に発売開始、実売価格は2万円前後となっています。通知読み上げ機能を強化し、これまでのSMS、LINE、FacebookのMessengerなどに加え、読み上げるアプリを、スマートフォンにインストールされているアプリ覧から選択できるようになりました。また、「Eメールフィルター」も搭載し、差出人や件名を選んで、読み上げるメールを限定できるようにしたのです。さらにヘッドジェスチャー機能を強化しています。これまでは、首を縦(はい)、横(いいえ)に振るヘッドジェスチャーでも指示をだせのですが、新たに「着信への応答/拒否」、「通知などの読み上げのキャンセル」にも対応しているのです。さらに、ミュージックアプリ再生時には、頭を右に振ると次の曲へ、左に振ると前の曲へスキップできるようになります。

ドコモのおすすめスマホ「Xperia X Compact SO-02J」の特徴

ドコモだけで発売されているスマホに「Xperia X Compact SO-02J」というドコモのおすすめスマホがあります。
このドコモのおすすめスマホはその名の通りコンパクトサイズになっており、ボディサイズは幅約65ミリ、高さ約129ミリ、厚さ約9.5ミリ、重さ約135gです。
だから、ポケットに入れて気軽に持ち歩くことができると思います。
また、コンパクトサイズなのに約4.6インチの大型ディスプレイを搭載していますので、インターネットや動画などが見やすくて良いと思います。
海外で発売されている「Xperia X Compact」は防水機能が付いていませんが、このドコモのおすすめスマホはIPX5/IPX8の防水機能が付いていますので、水回りやお風呂などでも使用できるという特徴があります。
デザインでの特徴は高光沢塗装を施してあることです。
これによって光沢感溢れる美しいデザインが実現されています。
見た目だけではなく手触りも良いので快適に操作することができますね。
メインカメラは約2300万画素CMOSカメラでサブカメラは約510万画素のCMOSカメラを搭載しています。
ボディカラーはホワイト、ソフトピンク、ミストブルー、ユニバースブラックの4色が用意されています。
こうしたドコモのおすすめスマホは片手でも簡単に操作できますので便利ですね。

英国ケンブリッジオーディオ、USB DAC内蔵ネットプレーヤー「Azur 851N」を発売

ナスペックから、英国ケンブリッジオーディオのUSB DAC内蔵ネットワークプレーヤー「Azur 851N」が2月20日に発売されました。価格は¥230000前後で、カラーはシルバーとブラックを揃えます。本機は「ハイクォリティサウンドと、生活に溶け込みやすいデザイン、利便性、ユーザーインターフェイスを兼ね備えたピュアオーディオ」をコンセプトにした「Azur 851」シリーズのネットワークプレーヤーです。様々なデジタルソースに対応しており、NASなどのUPnP(ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイ)規格に準拠したネットワーク再生のほか、PCと接続してのUSB DAC機能、インターネットラジオ、AirPlay、音楽ストリーミングサービスのSpotifyは、スマートフォン/タブレット経由の再生に加えて、本機とインターネットを直接つないで再生する「Spotify Connect」機能にも対応しています。別売のBT100用いればBluetoothも利用できます(コーデックはSBC/aptX対応)。再生できるファイルは、ネットワーク/USB経由ともに最大DSD 2.8MHz、PCM 192kHz/24bitまでのハイレゾ音源再生をサポートするほか、MP3、WMA、AAC、Ogg Vorbis形式など多くのファイル再生に対応し、ギャップレス再生も可能となっています。
おすすめのドコモスマホ、あなたに合うのはどれ?

ドコモのおすすめスマホ「Xperia X Compact SO-02J」はコンパクトで使いやすい

おすすめdocomo スマホとして注目されているのが「Xperia X Compact SO-02J」です。
このドコモのおすすめスマホの魅力はコンパクトサイズで使いやすいということです。
本体サイズは幅約65ミリ、高さ約129ミリ、厚さ約9.5ミリ、重さ約135gという片手で操作しやすいサイズになっていますので誰でも使いやすいと思います。
また、コンパクトサイズといってもディスプレイサイズは約4.6インチという大画面になっていますので動画やゲームも迫力ある画面で楽しむことができるでしょう。
それに、内蔵メモリは3GBを搭載していますのでアプリの起動や切り替えがスムーズにできて快適に使用することができます。
カメラは約2300万画素のアウトカメラと約510万画素のインカメラを搭載していますし、最先端の3つのカメラセンサーも搭載していますので、いつでもどこでも簡単に綺麗な撮影ができますね。
それと、高音質なハイレゾ音源に対応していますので臨場感溢れる音楽を聴いて楽しめると思います。
カラーバリエーションはミストブルー、ホワイト、ユニバーサルブラック、ソフトピンクの4色が用意されています。
こうしたドコモのおすすめスマホは光沢感があって手に馴染みやすいループデザインになっていますので、使いやすさだけではなく見た目も良いと思います。

iPhone10周年のこれまでと、これから

iPhoneはこの10年で大きな成長を遂げた。今では完全に生活に溶け込み、iPhoneなしの生活なんて考えられなくなっている人も多いことだろう。その初代モデルが2007年の1月9日に故スティーブ・ジョブズによって発表されてから、今年で10周年を迎えた。3.5インチディスプレイを搭載した初代iPhoneからiPhone 4、iPhone 5、iPhone 6…とモデルを重ねるごとのその機能は強化され、ディスプレイも大型化していった。2007年にサンフランシスコで開催されたMacworldでiPhoneが発表された際に、ジョブズが「これはタッチ操作が可能なiPodと革新的な携帯電話、そしてインターネット通信デバイスの統合なんだ」と紹介した。当時の聴衆は「インターネット通信デバイス」のセリフであまり盛り上がっていなかったが、今になって思えばその通信機能こそがiPhoneの真髄だったのだ。2016年に登場したiPhone 7/7 Plusは防水機能に対応し、特に7 Plusは革新的なデュアルカメラにより、スマホでの写真撮影の楽しみをさらに広げた。さらに日本で販売されるiPhone 7/7 Plusは「FeliCa」に対応し、これまでiPhoneユーザーが待ち望んでいたApplePayが使えることも大きな特徴といえるだろう。

6年ぶり復活のタフネスケータイ「TORQUE X01」

KDDI、沖縄セルラーは、18項目の耐久試験をクリアした、タフネスモデルのフィーチャーフォン型端末「TORQUE X01」を2月下旬に発売します。実質価格は2万円程度になる見込みです。「TORQUE X01」は、auとしては2010年に発売されたNECカシオの「G’zOne TYPE-X」以来、約6年ぶりというフィーチャーフォン型端末のタフネスモデルで、スマートフォンのTORQUEシリーズ同様、京セラ製となります。京セラは海外ではタフネス仕様のフィーチャーフォンを販売していますが、TORQUE X01はそうした海外モデルをベースとしているのではなく、国内向けに新規開発されています。「GRATINA 4G」などのAndroidベースのフィーチャーフォンをタフネス仕様に変更したモデルとも言えるでしょう。手袋を装着という場合も想定し、キーは押しやすさを重視して立体的な構造となっています。その代わりにGRATINA 4Gで搭載されている、キー面がタッチパッドになる機能は搭載されていません。キー面最下段にあるF1~F3までのファンクションキーには任意のアプリのショートカット起動を設定できるようになっています。スマートフォンのTORQUEシリーズでおなじみのセンサーアプリ「OUTDOOR PORTAL」がプリインストールされているので、天気、気温、気圧、コンパスなど8種類の情報を確認可能となっています。

マスコットのようだけどパワーは抜群!

先日、私はこのキャラクターの存在を知ったんですが、ダンボーという名前の四角い、そう段ボールの形をしたかわいい奴がいるんです^^

段ボールの形、つまり四角の箱なんですが^^その正面に顔があるんです。それがね~、目が丸、口が三角という、まるで子供が描いたような顔なんですよ。

このキャラクターが、cheero Danboard Car Charegerというスマホのバッテリーとして販売されているんです。カーチャージャーということで、乗用車、トラックなどでも使えます。

cheeroという会社から発売されているカーチャージャーで、「USB出力口は2つあり、機種を選ばずスマホやタブレットを一度に2台充電可能。」なんだそうです。
さらに、出力口の1つはQuick Charge 3.0に対応しているので、素早い充電が可能となっているとのこと。

また、充電中、充電完了のそれぞれの時に、ダンボーの顔に変化が出るそうで、夕方以降、周囲が暗くなっても充電の状況がどのようになっているのか、一目でわかるそうです。

更新ありがとうポイントをもらったけど・・

ドコモのプランにずっとドコモ割コースというものがあるそうで、カケホーダイプラン、データプランの2年定期契約のたびに3,000ポイントがもらえるサービスがあります。

これ、私も1、2ヶ月前にメールやドコモのアプリで知り、誘導されるままに画面をすすみ、3,000ポイントをもらうことができました。

でも、なぜか今利用はできなくて、半年後くらいから期間限定で使えるような感じ。しかも、今から遡ること2年前に定期契約なんてした覚えがない・・。どういうことなんでしょうか?

メールやドコモのページを読むんですけど、全く意味がわからず^^私の更新時期は半年以上先となるのに、なぜいまごろこのようなポイントが贈られるのか、そしてなぜいま使えないのか?

家族に事の次第を話すと、「今から2年前に更新したからもらえるんじゃない?良かったじゃん!」と。だから!私の更新時期は今から半年以上外れてるってば!と言うと、「じゃわかんない・・」で終わり。どなたか、このポイントの意味、教えてくださ~い!